Coast To Coast

映画,旅行,観劇,それからときどきBSB

生田くん

『人間失格』

一昨日,『人間失格』を観に行ってまいりました。

有名小説の映画化。
ま,読んだことないしどんな話か全然知らなかったので,関係なく鑑賞でした。

これは,退屈と感動と紙一重な感じ。
どれだけ葉蔵や登場人物に共感できるか,だろか。
ああ日本の映画だなあというものでした。
明治昭和初期漂う女性たちが続々と出てきたり,静かに人の心や雪や海を印象的に描いておりました。
加えて長さもあって,うーん。

でもおもしろい話でした。
葉蔵に何度もウルウルとしてしまった。
葉蔵の家のことや人間関係や築かれていくものなどの細かい説明は一切省いているんだけど(説明不足過ぎるけど,知っている人には関係ないのかな。),でもその隙間がすごくよくわかってしまった。
人との向き合い方の不器用さとか,表に出せない気持ちがよくわかり,切なく,泣けました。

葉蔵は,誰でも持ってて共感できるものに,強く押しつぶされそうな人。
大抵は忙しさとか楽しいこととかでなんとか隠して生きようとするけど,彼は逃げようともがくしかできないようでした。
お酒や薬,女にああいうふうに溺れていく気持ちはわからなくもない。
遊んでみたり,ひとりで飲んでみたり・・・うう。
金の切れ目が縁の切れ目の話もちょっと納得。
男女の関係だけでなく,自分が崩れていくという意味で。
切なかった。
それでも生かされてしまい,そしてなんとかしようとする気持ちも見え,苦しい人でした。
(人間失格がそういう話なのかどうかはわからないけど,そう観た。)

純文学な世界。
それを,たくさんの俳優たちでエンタメ性を出したのか,な。
女優に限らず,平目や堀木といった濃い人たちが印象深かったです。

そして久しぶりの生田カテゴリのエントリー。
葉蔵な生田くんは,繊細で熱演で泣けてよかった。
良子とダメになる時や堀木に突き放される時が特に。
動きがキレイなのは相変わらずで,柔らかさもちょっと見えて,良いなあと。

だけど,ちょっとキレイ過ぎだったか。
病んでく葉蔵は痩せて細く折れそうなのだが,ふと顔に健康的なところが見えることがあって,うーん。
表情と合わなかったりして,あれ?と思うことがありました。

『花ざかりの君たちへ』

久しぶりに生田くん話。
まだ,好きです。
なんだかんだ言って。

で,その生田くん出演の先週終了したドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜 』。
旅行に行っていたので遅くなりましたが,最終回まで見終わりました。

途中,走りすぎていて着いていけないわー・・・と挫折危機もありましたが。
終わってみると,いやー,なかなか思い切って楽しんで作られた面白いドラマだったのではないかと。
何でもありで,見ている方もすっきりさっぱり気持ちがいい勢いあるドラマで,楽しく見ることができたドラマでした。続きを読む

『花より男子2(リターンズ)』

生田くんが出る・・・というコトで観てしまいました。
『花より男子2(リターンズ)』第1話のスペシャル。

原作は途中で自分が大人になっちゃったのでラストまでは読んでません。
どうみょじだー,はなざわるいだー,おうおかみさんだぁーと懐かしく見入ってしまいました。

ただまあドラマ化っていうのはいろいろ難しく,役者さんにだいぶかかってくるんだななんて・・・。
気に食わなかったところがいろいろあるのは,しょうがないと言えばしょうがないかも。

とりあえず今回は,生田くんのおりべじゅんぺー役が見たかっただけです。続きを読む

新感線☆NEXUS vol.2「Cat in the Red Boots」

1099565b.jpg旅日記ついでに・・・。
北海道帰りに東京に寄りまして,グローブ座で舞台を観てまいりました。
劇団新感線の,若いひとたちをメインにした舞台,NEXUSシリーズ。
その第2弾で,主演が生田くん(久しぶりだ!)の「Cat in the Red Boots」。

『長靴をはいた猫』を元に作られたお話で,貧乏で気弱な男の子と人間になりたかった猫の冒険物語。
いじわる兄弟とか魔法使いとか,王様にプリンスにプリンセス,生け贄を求める龍,それから赤ずきんとかヘンゼルとグレーテル・・・おとぎ話の登場人物たちがいっぱい出てきて。
で,まあ魔法のレッド・ブーツで人間の姿になった猫の旅に男の子が巻き込まれて,最初は野宿すら大問題だったのに,だんだん話が展開していって,最後にはすげー強い龍なんかと戦っちゃって,ちょっぴり成長したりちょっぴり切ない話なんかもあったりして・・・っていう。

あー,これは子どもが楽しめるお話なんだなーという雰囲気。
でも,子ども向けミュージカルというワケじゃなく,大人じゃないとわからない要素がいっぱい。
お話は童話なんだけど,でもそれを大人が楽しめる童話にしているような。
これを子どもに見せるのなら,もうちょっと違う登場人物とか展開になるはずで。
もうちょっとわかりやすいセリフや歌になるはずで。
笑いの感じとか,楽しむ場面っていうのが大人向けでした。

で。
おもしろかったです,結構。続きを読む

NHKドラマ「御宿かわせみ 第三章」 5/20第2話

554634a2.jpgNHK金曜時代劇『御宿かわせみ 第三章』。
20日の第2話には生田くんが松本伊太郎役で出演というコトで,録画し本日観賞いたしました。

実の父と育ての父・・・真の父とは何なのだろうというお話。
なかなか良いお話だったのではないでしょうか。
伊太郎さんの2人の父,吉田さまも庄右衛門さんも,ホント良いヒトだー。
ドラマ自体初めて見たので,シリーズの元になる内容など細かいことは全然わかりませんでしたが,でも今回のお話は生田くん演じる伊太郎さんのお話で1話完結。
しかも,登場人物にはすべて名前と簡単な紹介のようなテロップがつくので,見ていて特に困ることがなく良かったです。

さて,生田くん。
うーん,髷に袴姿は何だか妙な感じです。
見慣れていない姿だからでしょうか。
シンプル過ぎる姿だからでしょうか。続きを読む

「あずみ」 追記の追記

で,映画版を観て,舞台の方の「あずみ」のいろんなコトを思い出してしまったのでメモしておきます。

とりあえず,舞台では全員が良い人として描かれていたと言うか、見せ場を作ってもらってあって,感情移入できるように描かれていましたね。
清正ですら,イイおじさんだった。
あれは長政+清正なんでしょうか・・・。続きを読む

「あずみ」part3 追記

05-04.jpg今日の「あずみ」は思い出すと笑ってしまうコトばかりかも。(相変わらず生田くんがカッコ良かったことはさておき。)
おもしろかったシーンばかりよみがえってきます。

ヒデヨリさまがクルクルッと回り過ぎてコケたとか,「いたいー」と言いながら「いつもより回り過ぎ」(自己申告)ていたトビザルとか,「いやらしい」を連発するキヨマサとカンベエとか…。
あとトビザルの語るうきはのウワサが,ちょっとラストにしてはイマイチだったとか。(前はエロトピアと外泊で,今日はモッコリだった…!)

それから。
劇中で,ヒデヨリさまと美女丸とうきはは唄があるのですが,その話はまたするとして。
ヒデヨリさまがあずみとのシーンでかなり唄っておりまして。
それを見たひゅうが(たぶん)が,「たいへんだなー,変なミュージカル聞かされて!」っていうのが何回聞いても笑えます。
思い出しても。

ダメだー,おもしろい。

そうそう,ディズニーランドで花火を見てふと思い出したこと。
あずみやうきはたちが初めて花火を見て驚くシーンがありまして。
あれ,近くで見るとやっぱりわざとらしい演技で,やだなー,うーん…という感じなのですが。
でもちょっと離れたところからそのシーンごと観ると,何だかいろんなコトを伝える大事なシーンで,今回の舞台にはすごく合っているモノだった気がします。
Twitter
だいたいココ↓にいます。
coast2jp(アツコ)
Monthly Archives
ギャラリー
  • 『こどもとおとなのためのお芝居 暗いところからやってくる』
  • 『安田顕 ひとり語り2014〜ギターの調べとともに。』
  • 『STAND BY ME ドラえもん』
  • 『ノケモノノケモノ』
  • 『青天の霹靂』
  • 東京ディズニーシー
記事検索
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ