『トランセンデンス』を観に行ってまいりました。

余命短い夫を想い、妻が人工知能にその夫であり天才科学者の頭脳(意識)をインストールする。
人工知能は、世界中のネットワークと繋がり、やがてあらゆる技術をその手にしたコンピュータへと進化していく。

それを脅威に考えた人々が潰そうとやってくる。
世界を支配するのか、神になるのか、と。

SF?
いえ、いつかこんなことが起こるかもしれない事態。
世界中に優れた技術が溢れ、日々科学は進歩している現代。
コンピュータが自分自身で進化しようとしていったら、こんなこともありえるかもしれない。

彼ら夫婦は、科学で今の世界を救いたいと考えていた。
ステキな庭のある家に住み、レコードを聞きながら生活していた彼らは、自然を再生し、病を治し、人々の幸せを願っていた。

それだけのための進化だっただけ。
でも、やっていることを目にした人々には、とても恐ろしいことに感じられる。

木々があっという間によみがえる。
人々の病が一瞬で治っていく。
自ら再生していくあらゆるものを目にして、恐れを感じた。

全くありえないことてはないのに、凄い早さで変わっていくことに脅えてしまうものなんだな、人は…。
落ち着け!と言いたいところだけれど、正しい情報や理解が与えられないと、そういうことには否定的になってしまうもので。
そしたらそこにはたくさんの感情があるわけで。

難しいし、さびしい。
そんな感情がぽろぽろとある作品でした。

ちょっと淡々としていて、ドキドキするような気持ちの大きな揺れとか楽しさがなかったのが残念。
それで、うん、それから…そうなったか…わかった…と、進んでいく感じ。
すごいテクノロジーを背景にしているだけに、わっとなるような映像を期待しちゃうと出てこなく、人間ドラマな色が強いかも。
何かもっとすごいことが起こるかも、と期待しちゃうような雰囲気にしておいて、そうでもない…てのはもったいなかったです。

うーん、おもしろいこと考えてるのにね。
自然もいいし、テクノロジーもいい。
古いものもいいし、新しいものもいい。
ちゃんと使おうね、大事に使おうね、なんてことをふと。
取り返しのつかないことにならないようには考えないとね、なんてことも。

ポール・ベタニー氏がいい役どころでした。
中間値のひとで、切なさ背負ってた。
相変わらず、あの声好きだわー。
背の高さと猫背気味なところも好きだわー。