ラスト3本目は,『大洗にも星はふるなり』を観てまいりました。

安田さんが出てるので観たかった作品。
ちょっとおバカな男たちの,シチュエーションコメディーでおもしろかったです。

夏の海の家。
バイト仲間。
そして,ひとりの女の子を巡って,どれだけ好きか好かれているか競い合う。
いろんな意味で期間限定という設定とか,なんとなく仲の良い感じとかがよく合う,こういう展開もありだなと思えるお話でした。
わかるなー,とすんなりと観れた。
中身のあるお話ではないけれど,妄想,勘違い,ウソ,美化で頭の中がいっぱいの彼らの会話を聞いて,ただただ笑えました。

最初から壊れ気味の人とか,だんだん崩れてく人とか,そんな理由での人とか,キャラクターもそれぞれおもしろかった。
あららーと笑えるおバカさんたち。
どんどん人が増えてきて,バカバカしい展開になって,でも彼らの話を聞いちゃって笑っちゃって。
巻き込まれちゃった人のそのときの入って行き方も笑えました。

安田さんは,ビシッととズルッとがあって,でも最初から顔近くてキモさもあって,よかったです。
やっぱり好きだ。

オチとそのまとめ方があっさりし過ぎて,それまでの謎やおもしろさが薄れてしまった感があるのがちょっと残念。
でもそこよりも,それまでがおもしろいのでいいか。