本日は『Disney's クリスマス・キャロル』を観に行ってまいりました。

街の嫌われ者の老人のもとに,クリスマスの夜,3人の聖霊が現れる。
彼らに過去・現在・未来を見せられた老人は・・・。
ディケンズのクリスマスのお話。

3D上映もしている作品ですが,3Dはキライなので通常のものを鑑賞。
それでも,ここで3D使ったんだろうなあとわかるようなどっきりなシーンがあって,迫力ありました。
視覚だけでグッと引き込まれる映像はすごかった。
もちろん音もすごい。
老人と共に,飛んだり走ったり怯えたりいろんなことを体感できるよう。
イスが揺れたりしたらもうアトラクションだ・・・。
楽しい映像でした。

人物の表情もよかったです。
笑顔が特に。

聖霊に見せられたこんな恐怖は,いくらなんでも恐すぎかわいそすぎで,引き気味でしたが,まあエンディングが良いお話だから後味は悪くありません。

「楽しめ!死んだら終わりだぞ!」
クリスマスにこんなエンタメを楽しむのもいいと思います。