昨日はもう一本,『ハリー・ポッターと謎のプリンス』も観てまいりました。

特にハマっているわけではないのですが,なんだかここまで見たから最後まで見ようかなと思うシリーズでして・・・なんとなく観てまいりました。

もう6作目とか。
今更だけど,コレ,ゆっくり少しずつ進むお話なようで。
それだけいろんな登場人物がいたりエピソードがあったりってことなわけで。
それがなかなかおもしろいので楽しいのかー。

今回は魔法薬を絡めたお話があって,笑いがあってそれは楽しかった。
ロンがかなりのカツヤクを!
ああいう風に魔法をちょこちょこ使うエピソードはふつーにおもしろかったです。
あ,いつも魔法学校への旅の部分が好き。

でも・・・。
ただ1作目はもちろん,前作すらどんなお話だったのか全く覚えていないので,なんとかモードさんの話は正直もうどんなことになっているのかよくわかりません。

ハリーは何をどこまで知ったのだったかな。
ドラコくんは何をしたんだったかな。
シリウスなんとかって聞いたことあるなー。
スネイプ先生は強烈で,たしかにこんな人もいたなあと覚えてはいるんだけど,どんなキャラクターだったか・・・。
困ったものですが,そんなもんです。
何となくで話に付いて行っているような,いないような。

彼らの行く末に興味が持つには,6作はちょっと長いです。
もうホントのファンのみの楽しみの領域なのかも・・・。
ちゃんとおさらいして観に行くべきでした。
魔法を楽しんだあとの終盤は眠気との戦いでした。