本日は『DRAGONBALL EVOLUTION』を観に行ってまいりました。

なかなか,まあまあおもしろかったです。
絞って描いて,コンパクトにまとめてあったような。
ヒーローアクションの定番らしい作り。
どこかで観たような風景やシーンがあってあれですが,とりあえず派手にいろいろやって。
過度な期待を持たず,ひとつの映画だと思えば,あのキャラクターの登場するお話だと思えば,おもしろい。

原作はひとつの要素。
ドラゴンボールとかゴクウとかカメハメハとかピッコロとかサルとか,原作にあるもののひとつひとつが好きで,それを想いつつひとつの作品を作りましたという感じ。
よく知っているあの原作とは,ひと味違う作品。
決してそのまま実写ではないので,ご注意。(終ったあと怒って熱弁してるひとがいた。かわいそ。)

でもそれが決して悪いとは思わない。
きちんとできるところは原作から取り入れて,無視するところは描かない。
またひとつ別の作品としては見易かったように思います。

あーでも原作を知っているから,それを頭に描きつつ,ちょっとずつ頭の中で補足したり打ち消したりして見られる。
何も知らなかったら,もしかしたらワケがわからないかも・・・。
これがひとつの映画としてどうかと言えば,うーんキャラクターの中身が足りないしよくわからないのはダメだと思う。

ただまああのドラゴンボールだと思えばこれも許されるのかな。

原作また読みたくなった。
いろんなエピソードやキャラクターを見たくなった。(アニメでもいいわ!)
これってある意味成功?

ドラゴンボールはキレイでした。