8fd7d3ac.jpg愛知県美術館へ「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」展を観に行ってまいりました。

わりと好みの絵を描くヒトでした。
使われている色は決して明るくないんだけど,冷たさはあまりない。
その画の中で,人や風景がちゃんと生きているように思いました。

なんだろう。
建物や自然や人や動物がその画のために切り取られた瞬間が生きてるからだろか。
人や物が丁寧に,柔らかい線で描かれてるからだろか。
風景に奥行きがあって,それもまた丁寧で,まるで動き出しそうだからかだろか。(手を伸ばしたくなるような。)

はっきりとそのモノを描いていたりと,イラスト,という感じにも見える。
優しいイラスト。
その柔らかさがよかったです。