本日は,『ミラーズ』を観に行ってまいりました。

ひたすら驚かされるホラー作品。
鏡がポイントってのがコワイです。
姿を映すモノって家や街中に溢れているんですなあ・・・。
スクリーンの中のヒトたちが動く度,鏡に近付く度ドキドキして目を伏せてしまいました。
(ホラー,というか,驚かされるのは苦手なんです。)

驚かされる内容もキツイ作品。
口が大変なことになっちゃうのには,さすがに吐き気すら覚えました。
ヒドイ映像も多々。
おもしろいとかより,もう,次から次へと投入されている映像に何かを考えているヒマはなかったという感じでしょうか。

ふと謎解きシーンに突入したりと,一応ドラマもあるようですが,結局よくワケがわからず。
もう,ホラーとアクションを見せるために,合間に休息を入れた感じで,中途半端な描き方でございました。
ベンの役柄からして,ああ,アクションやらせるためのかー,というモノ。
しかも,そのアクションはありえなさすぎて,そこだけは笑ってしまいました。
あんた何者!
滑稽だわーと。

「鏡の中」という話はおもしろいと思うので,そこをもっとグッと描けばイイのになあ・・・。
ラストがあって,何となく締まったように思います。