cd518784.jpgそして,これもなんですが・・・。
『blast2』と同じ日の夕方,愛知厚生年金会館へゆきまして,『宝塚BOYS』を観てまいりました。

これは,昨年のを映像で観て,なかなか良いお話だと思って。
で,しかもアレを今年は,やまうちたかやーが演る。
アレとは,ラストのアレです。階段です。
それは楽しみ。
というワケで,観に行ってまいりました。

おもしろかった。
これ,3時間と長いお芝居。
でもなんだか,ぐっと感情移入して観れて,あっという間の3時間でした。
だいぶ笑いどころも増えてたりして,ぐずぐず感なく,楽しく観れました。

笑える,けど涙ぐみながら観てしまうお話。
切ないなーがんばれーって。
そしてたまにダーッとヤられる。
ああいう,よしっ!と立ち上がる人たちの話は好きです。

昨年のものより,全体的にちょっと賑やかな感じでした。
楽しい場面も悲しい場面も。
それが余計に観ている側の感情を高ぶらせていたような。
笑いどころも初演に比べて増やしたようで。

そして,やまうちたかやーはやっぱりたかやーでした。
笑わせてくれる人。
好きだ。
だけどちょっと,健康的に見え過ぎるわね・・・。

そして,ラストのアレは凄かった。
ひたすら,たかやーだけを見ていたのですが,もう笑えて仕方ない。
太田川さんとしてはグッときたいシーンなのはわかってるけど,ダメ。
たかやーがアレを必死で踊るというシチュエーションだけで笑えてしまいました。
ちょっとぎこちないし・・・。
「ナシですよね」っていうのをやっちゃったのは,やっぱり最高でした。