まだやってるなーと,本日は『ハンコック』を観に行ってまいりました。

気軽に観られて楽しめる作品でした。
短く,ダラダラとせず,大きすぎる物語にせず。
ちょっと軽くてあっさり過ぎな感じはあったけどでも,まあ・・・と許せるかな。
もちろん,キャラクターもドラマもちゃんとあり,映像のおもしろさもあり。
たぶん,陽な雰囲気や軽さの全体的なバランスが良かったのだろなー。
あと,すごく良いわけじゃないけど,酷いところはないのだよねー。

だから,?な部分があっても,中身が足りない感があっても許せる。
そういう作品なんだ,と。

ウィル・スミスだからってのもありますな。
作品の中で,ひとりで自分で,おもしろさや切なさなんかのドラマを見せる。
ハンコックのキャラも,濃すぎず,でもちゃんと表現する。
あの人の映画。

ちょっとあざとさもあったけど,嫌らしくはなかったし,語りすぎずにしっかり作られていて,良いお気楽娯楽作品でした。

・・・型にハマっていそうで,ちょっと違うのもよかったのかな。