そして本日は『最後の初恋』を観に行ってまいりました。

うーん,ラブストーリーに求めるキュンとする感じがなくて,イマイチでした。
女も男もシチュエーションも,それぞれはいいのに,なんだかバラバラ。
積み重なっていく盛り上がりがなくて,恋にキュンとできなかったのですなー。

特別感ある海辺(というか海?)の素敵な建物。
それぞれが重いものを抱えた男女が出会う。
嵐なんてものはイイのよ。
映画なんだからそんなのもアリでイイのよ。
そういうのはよかったのに,心の動きに着いていけず。

家族の話や医師としての話はグッと来るんだけど,それを同じ線の上で観るには無理があった。
一つ一つバラバラにして,お話作ったらおもしろそうだなーなんて考えてしまいました。

母の姿に何かを察して戸惑う娘の姿だけ,泣けたなー。
ただ私が,まだこどもなんだってコトだろうか。