先週でしたか,『グーグーだって猫である』を観に行ってまいりました。

ちょっと物足りなさの残る作品でした。
ひとつひとつは,なんだかとっても愛らしくて,ふふっと笑う。
そして全体的に柔らかで。
生き死にや幸せを,淡く描いていて。
そういうのは嫌いじゃないです。

BGMの無い,見つめ合う間とか,とてもよくて。
吉祥寺という街やそこに生きる人たちも,そして猫さんもよかった。

だけど,ちょっと物足りなかったのですな。
うーん,周りの人たちをもうちょっと深く絞って描いてもよかったかも。
もっと。
あさこさんの魅力を引き出すために。

視点がいくつもあるのもなー・・・。
エピソードとして区切りがあれば,目線が変わってもよかったんだけど。
いまいち。

猫さん好きならハマったのだろうか。
でも,キライじゃないし,見ていてふと,ああかわいらしいなーとは思ったので,映画として足りなかったのだと思いますな。