東京3日目は,ルノワール展のみで。
で,ふらふら〜っとしたあと,渋谷PARCOにあるシネクイントで映画『全然大丈夫』を鑑賞してまいりました。

シネクイントの座席はとても心地良く。
歩きまわった疲れもあり,ちと,うとうとしてしまいました。

映画がまたゆるゆるなのだ。
不器用なひとたちの恋物語。
じっくり感情に迫っていくのではなく,淡々と日々を描いた感じ。
シーンがポンッと飛んだり,入れられたり。

なんとなく日々が流れ,なんとなく人々の関係が動いていく。
でもまあ多くがそんなもんなんじゃないかと,ふと思う。
そんなドラマチックじゃないよなーっていう。

出てくる人たちは,ちょっと変わってるかもしれないんだが,何でもないふつーの家や部屋で,ふつーに生きている。
やってることは「?」でも,だから何?という感じだ。
彼らにとってはふつーなのだ。
ゆるゆるとした空気に,不器用なひとたちの姿に,なんだかぼーっとしてしまいました。

荒川良々さんの持つ,不思議ワールド全開でしたなあ。
映画としておもしろいとかではない感じの作品でした。
思わず吹いちゃったり,凝りすぎの小道具に驚かされたり楽しかったですが。

・・・コメのうたは傑作だ。