『魔法にかけられて』(字幕版・先行)を観に行ってまいりました。

おとぎの国の女の子が現代に落っことされちゃって,現代の愛を教えてもらうお話・・・ってとこでしょうか。
もう思いっきり,現代とファンタジーのごちゃまぜ。
アニメはあるし,歌うし踊るし・・・。
かなりぶっ飛んじゃっててバカバカしくて笑えるんですが,むしろその思い切りの良さに降参。
気持ち良く楽しめた気がします。
アニメと実写,お城に王子様に魔女,動物のおともだち,舞踏会,NY,弁護士・・・。
お姫様は,ふわふわのドレスを着て,歌い踊り,王子様との幸せを夢見る。
出会った優しいバツイチ子持ちの現代の男は,わが道を行くお姫様に翻弄される。
こうなったら流れはもうひとつしかありません。

でも。
そういう物語は気にせず(お話はもうどうでもイイ),このすごいコトになっている状況を楽しむ作品でした。

離婚とか現実的な問題を出しつつも,それを生々しくは描かず,プリンセスペース。
だって彼女の生きている世界も頭の中もみーんなメルヘンなのだから。
ふわふわとした思いっきりお姫様なのですなあ。
お友だち集めたり歌ったり・・・。

NYをおとぎの国と同じように走り回るお姫様。
もうその姿は出てくるたびに声を出して笑っちゃうくらいメルヘンの実写で。
それは滑稽を通り越して,気持ちが良いほど。

ディズニーランド内で,仕事したり学校行ったりと普通暮らすことを想像したらあんな感じかしら。わはは。
ワールドに引き込まれ,細かいコトとかいろんなコトがまあいいかと思えてきます。

よし,とりあえずこのお姫様の行く末を見守るのだ,という。
ディズニーらしさを失わず,現実はいろいろあれども何とかなるものよと思わせる楽しい作品でした。
とにかくドタバタ過ぎて笑える作品。
NYが完全メルヘンにヤられちゃってましたもの。

ああ。
ちょっと,お姫様はじめ登場人物の年齢層が高いのはどうかと思いましたが。
お姫様はもうちょっと若くても良かったんじゃ・・・。
でもかわいらしかったので良いですか。

おもしろかったですが,ちょっと泣けました。
メルヘン過ぎて,理不尽にかわいそうな立場に立たされちゃった人たちに・・・。
ナンシーなんて特にかわいそすぎた。
あの場面でキスを促してたけど,どう考えても納得できない状況だよ。
ジゼルの方に喜ぶことはできず,ナンシーがかわいそすぎて涙が出てしまいました。

でも。
ナンシーはもう現代に疲れちゃったのねぇ。
だからあれは良かったなあ。

もひとつ。
舞踏会のジゼルの靴の脱ぎ方はがっかりしました。
お姫様じゃないよ,あれは。