ものすごくひっさしぶりに,映画を観に行ってまいりました。
最近ドラマばかり観ていたので,映画自体もひさしぶり。
気楽に・・・と思って,『レミーのおいしいレストラン』を選択しました。

オープニングで原題が『Ratatouille(ラタトゥイユ)』と出て,びっくり。
これはまた,邦題や予告に騙されているんじゃないかと心配になりましたが,観終わってみて・・・。
うん,どちらのタイトルでも大丈夫かな。

人間にものすごく接近していくねずみのレミーのドラマに,ドキドキしてワクワクして。
優しい色でやわらかい雰囲気のアニメに癒されて。
結構しっかりしている人間たちのドラマにもタメイキをついて。

ディズニー作品らしい映画でした。
それから,ピクサーのアニメ。
期待を裏切られず,おもしろかったです。
(同時上映の最初のアニメもおもしろかった。発想がイイね。)
作品中で「批評するのは簡単」っていう話が出てきてて。
ちとそれを思い出すと手が止まるんだけど,まあ書くのです。
おもしろかったし。

単純に笑える映画だと思います。
人間の近くで暮らすレミーたちねずみがピンチになるところ,リングイニとレミーのやりとり,リングイニのへっぽこぶり,私たちには見えているけど作品中の人間には見えていない(気づいていない)ところ・・・。
クスッと笑えるシーンがいっぱい。

で,笑えるだけじゃなく,彼らの行く末がちゃんと気になって,ちゃんと話の展開もあって。
大きなレストランが舞台で,レミーの関係ないところでも事件が起こるべくして起こり。
もちろんレミーのせいでまあいろいろさらに有名になり。
その収まり方が,レミーがいなかったとしても,人間だけの話だったとしても悪くないなという展開。
騙されているかもしれないけど,でも納得の展開。

「懐かしい味」っていうのはイイんだよね。
高級もいいけど,自分のお気に入りの味は大事なんだろうなーとふと思ったのです。
誰でも名シェフ。
これは,極端にねずみを登場させたけど,ホントに描きたいところはねずみの話じゃないんだろうなーと思いました。
そんな風に,ドタバタの裏にちゃんとドラマのある作品です。
うまーく軽く描いてるけど。

もちろんねずみの話もちゃんとしてますよ。
人間に近づきすぎちゃったレミーの葛藤とか,レミーとリングイニの最初の出会いでの川辺のシーンとかレミーの表情と選択に胸がギューッてなった。
ほかにもちゃんと。


ストーリーと別に,すごく印象に残っているのが,ちょっとしたリアルなアニメ。
前半で出てくる,水がドワーッと流れていくところなんか,涙出るかと思った。
ああいう映像が好きなのです。
水しぶきや流れのリアルな感じとか,水の流れの勢いとか,アニメでしかも目線が低くなるから観られるその画がおもしろい。
ドキドキワクワクする瞬間。
うまいのだ。
自分が流されてるみたいに感じるのだ。
これは大きなスクリーンじゃないとわかんない。

ピクサー作品のここが好きです。

他にも,背景なんかも含めてイイ画がいっぱいでした。
パリの夜景はホントウにキレイだったし,レミーたちが歩く地上の例えば歩道の石とか街並みとか,あれっと思うほどリアルなところが出てくる。

それからそれから,バゲット。
レミーがたまたま見つけたバゲットが出てくるのですが,その質感がものすごくリアル。
ただのパンなのでおいしいそうとまではいかないけど,これってアニメだよなーと一瞬悩むほど。
忘れられません。

アニメらしいアニメも好きだけど,ピクサーならではのこういうのも好きです。



えーと,えーと・・・。
イイ作品だったけど,ちょっとすっきりしないことが・・・。

やっぱり,ねずみがこうワーッとたくさん出てくるっていうのはあんまり気持ちのイイものじゃなく。
ちょっとそこが後味悪いのですな。
先入観か?トラウマか?私はイヤなオトナなのか?

例えば前半のワーッと出てきたあと。
そのあとの船に乗って散っていくのはおもしろいし,たぶん何度観てもイイと思う。
だけどそのワーッという瞬間が思い出すだけでもゾワッとする・・・。
後半にもゾワーッとなった瞬間が。

レミー単体もイイし,仲間たちとお祝いしているのもイイし,ラストも好き。
だからたくさんいることがイヤなわけではないんだけどな。