久しぶりの映画館。
何か観たいなーと思って行ったけど時間が遅かった。
選べるほどなくて,結局『アンフェア the movie 』を観てまいりました。

TVドラマの方は,全部じゃないけどTVとDVDで繋ぎ合せるように一応見ていまして。
「アンフェア」という言葉は結局最後までよく理解できなかったんだけど,いろんな人間が「動いている」ドラマはわりと面白く。
キライじゃないお話でした。

で,映画。
ドラマから続いて同じキャストが出てきて,ストーリーもドラマ・スペシャルと引きずってきた「続」というところ。
そして,映画らしく一応事件もスケールアップ。
映画としてはゆるいかったけど,映画化っていうところでは良かったと思います。
TVドラマの映画化っていうのは,お金払ってでも,この物語・・・この人間たちのドラマをまだ観たいと人たちがいると思うから作られるもので。
(木更津キャッツアイなんかは映画は「お祭り」だって言って作ってたような・・・。)
だから,お金かけちゃった2時間スペシャル程度でイイように思います。
あのドラマの続きが観たかったーっていうところを満足させてくれれば。
(もちろんそれ以上だったら,何回も観に行く。)

雪平をはじめとしてあのひともこのひとも相変わらずだなーっていうところとか,『アンフェア』の世界らしい事件や犯人たちの「姿」とか,あらら・・・とちょっと笑えたりちょっとショックだったりする感じはやっぱり,わりと面白い。
ひとりで走っていく雪平,全員が悪者に見える展開,新たな犯人たちの登場の仕方,ちょっと和ませてくれるかおるちゃんとか・・・。
どうしても上層部さんたちがテキトウなキャラクターでテキトウな演出されているのが警察関連のドラマらしくてイヤだったけど,下で動く人たちがしっかりしていて。
それはもちろん俳優さんたちの力だと思うのですが,良かったです。
斉木と後藤が向き合ってたシーンなんて,その事態よりも,この2ショットにただおぉーっと思ってしまいました。
蓮見のキャラクターも画面の中で見ているには面白すぎる役だし,みおちゃんのかわいらしさも変わらずだったなあ。
この『アンフェア』というドラマの世界はちゃんと楽しめました。

話は,ラストあたりでさらに追加犯人が見えたりしてまだまだ人間が「動きそう」で続いていきそうだけど,とりあえずは解決か・・・という終わりでした。
いろいろ想像するとこれもまたおもしろいかも。

でもやっぱり,ただの1本の映画として観てしまうと,ちょっと物足りないかも。
事件そのものはちょっと『24』ぽかったり,病院舞台にしていてそんなワケないだろってな展開があったり,謎解きして進んでるようでもなく(犯人に転がされてるだけ),そのセリフはズレてんなーってところもあったり。
ちょっとその演出は古いんじゃないだろうかと思うところも結構あって,「今」が舞台の話だけど,リアルなんだか,そう見ちゃいけないのかよくわかりませんでした・・・。

うーん。
自分が観たことあるものたちと比較しようとするから変な観方になっちゃうのかなあ・・・。