『それでもボクはやってない』を観に行ってまいりました。
満員電車でチカンだと捕まってしまった男性が,無実を訴え,裁判になっていくお話。
これは・・・なんだかすごく苦しい,でもこの苦しさをどこにぶつけていいのかわからない,タメイキのでる作品でした。

「日本の裁判の問題」って言葉を,弁護士が言ったりもしているんだけど。
とにかく,ひたすらもどかしい気持ちになるシーンがいっぱい。

駅のホームでいきなりチカンだと捕まってしまって連れて行かれて。
警察で「やったんだろう?」と問い詰められて。
チカンの裁判は難しいからと,罪を認めて示談にするよう勧められて。
無実を主張したら留置場に入れられて。
言い分を聞いてもらえないまま起訴されて。

で,裁判になっちゃうんだけど,この裁判がさらに,とにかくもどかしい。
こういう裁判で無罪を勝ち取る(勝ち取る?)のは難しいんだそう。
明るい兆しが見えては消え,消えては見え,時に打ちのめされ・・・。
刑事裁判,よくドラマなんかで見かけるけど,視点が被害者側,警察・検察側,弁護士側のものが多くて,ココなものはあまりない。
で,しかもチカン裁判で,無罪を主張しているお話。
被害者側から見たら,警察に捕まって留置されて起訴されて・・・っていうこの状況の進み方は納得のモノだと思う。
裁判の様子を,被害者や警察や検察,裁判官から見ていたら,被告が有罪だと信じて見たら,全然何でもないコトなのかもしれない。

だけど,これは無実を訴える彼の視点。
彼が無実だというコトが前提で私たちは観ている。
映画の中では,彼だけが真実を知っている。
だから,とにかくもどかしい。

無実を証明するのは難しい。
事実だけど,誰もがそうだと確信持てるような証明をするのは難しい。
それに,「刑事裁判で裁判官が無罪の判決を出すのは,国家権力である警察も検察にたてつくこと。」とか,「起訴した事件は必ず有罪にしないと」とか,まあいろいろショックな事実が浮き彫りになってきてて。
誰が悪いってワケじゃなくて,今の制度とか「日本の裁判」が問題。

どうすることもできなそうだ・・・っていうのがもどかしい。
もやもやしまくるお話でした。
ラストに深いタメイキが出ます。

それにしても,加瀬さんはこの金子役にぴったりです。
困惑しまくりで,どうしていいかわからない表情がたまらなく切ない・・・。
それから"ぶっさんの父ちゃん=コースケさん"がこんな役でショック。
でも,こういう役もやるヒトだったなあと改めて思ったり。

そうそう,重いお話ですが,ちょっと吹き出してしまうシーンがないワケじゃありません。
友人役の山本さんには笑ってしまうコトもありました。(マスコットをカサで・・・のところとか。)

映画になるような題材じゃないような感じの話ですが,でもちゃんと成立していた気がします。
ああいう裁判は,脚色し過ぎたモノじゃないホンモノなんだろうなあと思えるし(あのまま「大森さん」が変わらなかったらただのツクリモノのドラマになっちゃってるんだろうなあ),ドラマとしてある意味おもしろいモノになっていたのでは・・・と思います。

それから,真実はやっぱりボクだけが知っているコト。
ボクだけが言える「それでもボクはやってない」。
その辺も,いろいろ考え想像できるドラマです。