11久しぶりに,どんなお話だったかなーと思って手にとって観ました。
韓国映画,『僕の彼女を紹介します』。

「彼女」の部屋の感じとか,風がパーっと入ってくるところとか,写真の偶然とか,印象的なシーンはしっかり覚えていて。
優しいキレイな作品の印象があって。
だけど,ストーリーの流れとか大事なところはすっかり忘れていて。

で,あぁこんなんだったかー・・・とちょっとタメイキ。
なんだか思っていたより,くどかったり,内容が薄いところがチラホラ。
あれ?と首をかしげながら観てしまいました。

でもでも,結局号泣はしてしまった。
後半は泣きまくってしまいました。
ただくどいだけなんだけど,そうわかっているんだけど,畳み掛けるように悲しくて切ない出来事や想いばかり見せられるとうっかり泣いてしまう。
2人の恋愛に涙しました。

たまに忘れた頃に見たら,また泣いてしまうんだろうなーと思います。
たぶん,「彼女」の泣き顔が涙を誘う。
結局,初めて観たときの感想とまったく一緒です。

ただ,やっぱりいろいろくどいよな。
デートシーンや警察官のお仕事シーン,それから死んじゃう?のシーン・・・と何度も同じようなシーンを繰り返す。
しかもちょっと冷静に考えたら,ありえないおかしなシーンばかり。
(そもそも,止めとけば何も変わらなかっただろうに。しかも普通止めるだろうに。)
騙されてる騙されてる・・・「彼女」の演技に見なかったことにさせられてる・・・。