ユナイテッド93911のときに,唯一目標に達しなかった航空機の最期のフライトの様子を再現した作品『ユナイテッド93』を観ました。

いつもと変わらぬ朝が一変した9月11日の約2時間。
ハイジャックされ混乱に陥った航空機ユナイテッド航空93便内の様子と,異変を感じて慌てふためく管制塔や軍など地上の様子を交互に描いた作品。

実際にあった,しかもほんの5年前の大きな出来事を,どういう風に映画にしたのか見たくて,何をしたくて映画にしたのか気になったので,観てみました。
(ちなみに,同じく貿易センターの方を描いた作品もあるけど,それはちょっと作り過ぎていそうで,こちらとはまた興味の種類が違うので観るコト躊躇ってます。)

うーん,なんと言ってイイのかわかりませんが・・・。
思っていた通りのモノだった気がします。
悪くなかった。
これで良かった。

ドラマチックにしようとしてなくて,でもただ事実を追う淡々としたものでもなくて。
誰が主人公で,誰の視点でとかではなく,誰かに感情移入させようとしているモノではなく,観ているこちらがその場にいるような,そこで今起こっているコトを目撃しているような描き方。
悲劇に巻き込まれてしまった93便の乗員&乗客,歪んだ信仰から目的を遂げるため乗り込んできた犯人,複数のハイジャックと事件を前に混乱している地上の人たち,それぞれのすぐ隣に立っているような気持ちにさせられる。
それって観ていて,そして観終わってみて頭の中が結構混乱して苦しいんだけど,それでもこういうモノであって良かったです。
実際全てが映像で残されているモノではなく,様々な情報から推測される出来事も混ぜて映像化したモノなので,完全ノンフィクションとは言えないけれどでも。
実際起こった出来事で,出てくるヒトたちは実在のヒトたちで,これは間違いなく現実。
誰が悪いとか,これが悪いとかじゃなくて,この出来事自体をまず記憶に残せる。
ここで感じた,その瞬間ごとに感じた苦しい気持ちが一番に残る。
そんな気がして,そしてそれは結構大事だと思うのです。

ホントに観ていて,瞬間ごとにドンと胸に衝撃を感じました。
飛び立とうとしている93便,そのときを待つ犯人たち,ハイジャックの恐怖に怯える人々,飛行機の無線から聞こえるありえない声を聴いた管制官,レーダーから飛行機が消えてしまう瞬間,TVに映される貿易センターの映像,信じられない光景を目の当りにした人々,動き出した人々・・・。
実際に亡くなった人たちと,そして心に傷を負ったであろう人たちがいる。
時が経つと,出来事はその出来事だけが残されていくけど,この瞬間に自分だったらそんな経験絶対にしたくないと思うような苦しい想いをした人たちがたくさんいる。
そういうコトを残すべきだと思っていたいです。

そういえば,この93便は自爆テロだと悟った乗客たちがそれを阻止するために自ら犠牲となった・・・というように観る前は捉えていたのですが。
ホントはホントに違うのか。
それともラストと共に,作った側の憶測の部分なのか。
ホントに操縦桿を奪い返すと信じていたのなら・・・考えたくない・・・。