f530056e.jpg愛知県芸術劇場へ「blast2:MIX(MUSIC IN X-TREME)」を観に行ってまいりました。
話に聞いたり,DVDを見たりと,いつかは観に行ってみたかったエンタメ・ショー。
今年こそは・・・と観に行ってきたのですが,期待を超えるおもしろさで良かったです。

たくさんの楽器とそこから奏でられるたくさんの音。
そしてそれを演奏するヒトたちによるパフォーマンス,それから光やいろいろなモノを使った演出・・・。
次から次へと見せてくれるパフォーマンスに,ステージ上から目を離すなんてできません。
目も口も開きっぱなしだったかも。
全てにおいて,迫力ある,観ていてとってもワクワクする楽しいエンターテインメントのステージでした。
b金管楽器から木管楽器,打楽器,電子楽器,民族楽器・・・。
それを演奏しながら,歩くだけじゃなくて,飛んだりアクロバットな動きをしたり,ありえない姿勢になってみたり,途中にダンスを挟んだり。
それを10人,20人といった人数でやっているのはものすごい迫力。
そこに,やっぱり同じように迫力ある,バトンとかいろんな形のモノや布なんかを操ったダンサーさんたちが混じり。
動きのキレイさと,そのダンスの内容と,自分とはかけ離れたところにいるんだとしか思えないパフォーマンスに驚きです。
さらに,客席を使ったり,ケータイを使ったり,セリフなんかも入れたり,コミカルな笑いを誘う演出があったり・・・。
それはもう,一体どこに誰に目を向ければイイんだろうという感じで。
とにかく,ホントにもうひたすらワクワクでした。

ちなみに運良く,列が1桁台でしかも通路側の席でして。
出演者の表情がしっかり見え,マイクでは聞こえないちょっとした音が聞こえるくらい。
それから,客席にも現れたりする演出もあって。
すぐ隣で演奏している姿が見れました。
そんなコトもあって,ホントに心から2時間のステージを楽しめた気がします。

やっぱり「生」っていうのはイイです。
耳だけじゃなくて身体にドーンと響く音とか,すぐ目の前で実際にそのヒトたちを見れるコトとか,拍手したりと自分もちょっと参加して。
映像で観るのも楽しいけど,やっぱり目の前で本物を観るのとは全然違うもんです。
その時間は他のことを忘れてそれにだけ夢中になれるところとか,心に残る度合いとか・・・。
うん,ホントに楽しかった。
できればもう1回,観てみたいかも。

そうそう,バトンで日本のヒトが出ていて。
結構フューチャーされてて,ソロの場面も出番も多くてじーっくり見てしまいました。
それ見ているだけでも,おもしろくて。
はっそんなコトもできるんだ・・・と驚きのワザがいっぱい。
最初の方で思わず感動して涙が出そうになったほどでした。
バトンを扱う技術だけじゃなくて,そのバレエの動きとか,歩き方をはじめちょっとした身のこなしみたいなモノとか,表情とか,いろんな部分で目を引くモノがあったように思います。
バトンってクルクル回すだけじゃないんですね・・・。
ステキでした。

あー,でもちょっとバトン落としすぎたかも。
最初は,ソロのところで勢いよく出てきて,袖から投げられたバトンを掴み損ねてしまって。
ちょっとだけその勢いが止まってしまった気がしました。
もったいなかったなー,カッコいいところだったのになー。
で,それだけなら良かったけどそのあとも,イイ感じでやってたのにポロッと落としてしまったり,キメるところでやっぱり掴み損ねちゃったり。
1回くらいならイイんだけど,あんまり続くと,ちょっとその後出てきても心配になっちゃうのは何ででしょう。
ウマイのに,残念。
そういうコトもあるさ,と言えるけど,でもやっぱりちょっと残念だったかも・・・。

cちなみに,ロビーでもちょこっと姿を見せてくれて楽しい時間をくれます。
ロビーは狭いので,人だかりに揉まれて終わってしまったのですけど・・・。
ステージの上だけでなく,客席を通ったり,それからロビーもというのは,お祭りみたいでなんだかイイです。

あー,そういえば。
終演後30分もしないうちに,出演者の方たちがゾロゾロ出てきて街へ消えていきました。
目の前を普通に通り過ぎていってビックリ。
なんだか皆さんあちこちで,もりもり食事をしていました。
さっきまであの勢いでパフォーマンスしてたのに・・・とビックリでした。(しかも夜公演ももあるのに・・・。)