Coast To Coast

映画,旅行,観劇,それからときどきBSB

下呂温泉旅行

image

2月11日から1泊で下呂温泉に行ってまいりました。
誕生日で休みがとれたので、せっかくだからプチ贅沢をしに。

14時過ぎに下呂着の電車で、早めの到着。
数日前の大雪で途中からだんだん積雪が増えてきて、川と雪と快晴で良い景色。
車窓も楽しむことができました。

15時前にチェックイン。
下呂の町が見える宿です。
ほんのり雪景色、なナイスビュー。
image


続きを読む

『アメリカン・ハッスル』

昨夜、『アメリカン・ハッスル』観てきました。
公開初日は1000円でした。

詐欺師がFBIと組まされ、仲間を売らされることになったんだけど、なんだかいろいろ大きなことになっちゃったお話。
70年代の実話をもとにしてるそうで。

犯罪ベースのストーリーを、その頃の音楽とかファッションとかに乗せてわりとポップに、だけど人間模様をがっつりと描いてもやっとした雰囲気もある映し方で。
もととなる事件話の展開の見せ方がイマイチで、そこだけ取ったら物足りなかったけど、でもそこよりもこれ、人VS人がおもしろすぎてなかなか良かった。

嘘とか信じたいこととか、愛とか友情とか、野心とか希望とか、いろんなことが溢れてました。
しかもそんなに明るくない。
うまくやってるように見えるけどあれホントにそうなのかないいのかな…自分の信じたいように流されてないかな、でも動くのか大丈夫か…っていう不安定なものが溢れてました。
なんだか圧倒されてしまった。

それぞれの登場人物見てて、うわーーーーこのひと…………うわーおい………て、気づいたら眉間にシワ寄せながら見てました。
悪い人(詐欺師とか出てくるけど、そういうことではなく。)じゃないんだけど、これはなー、この性格や気持ちや行動はなー、と。
でも。
なぜか、そのまま涙がぽろぽろ出ちゃったりもするのです。
うわーと思っていたのに、気づいたら、わああああ切ないわー、とか、その気持ちわかるわー、となっていて。
ただスクリーンの中のキャラクターのことで終わらず、自分や、あるある、なところが描かれちゃってて。
共感してしまうところもあるし、あっこのひと…と気持ちを受け取ってしまうのでした。
脚本と役者さんの力かしら。
良かったです。

「トリック劇場版ラストステージ」

「トリック劇場版ラストステージ」を観てまいりました。

トリックシリーズ、ラスト。
14年前にスタートしたシリーズ、奈緒子と上田の物語、これで最後。

おもしろかった、よかった。
終わった後、一瞬身動きできませんでした。
終わったなあ…とじんわりとしてました。

大好きなシリーズ。
終わってしまったことにじんわりというより、いろいろ展開してまわって原点に戻った感じで、そして今までのいろいろの答えがひとつそこにあって、一区切りの終わりとして良かったなあと思いました。

今までのトリックのあれこれと今回のストーリーと、それから菜緒子と上田と。詰まってました。
これぞトリック、ぐーーーっときました。

続きを読む
Twitter
だいたいココ↓にいます。
coast2jp(アツコ)
Monthly Archives
ギャラリー
  • 『こどもとおとなのためのお芝居 暗いところからやってくる』
  • 『安田顕 ひとり語り2014〜ギターの調べとともに。』
  • 『STAND BY ME ドラえもん』
  • 『ノケモノノケモノ』
  • 『青天の霹靂』
  • 東京ディズニーシー
記事検索
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ