Coast To Coast

映画,旅行,観劇,それからときどきBSB

『こどもとおとなのためのお芝居 暗いところからやってくる』

image

とよはし芸術劇場にて『こどもとおとなのためのお芝居 暗いところからやってくる』をみてまいりました。

とある家に引っ越してきた家族、そこに「この世の裏側にあるもうひとつの世界」が出てくるお話。
それは、なんの世界かはわからない。
でも身近かもしれない世界。
あれ、もしかして…と、感じさせる、なにか。
ホラーとまではいかないけれど、不思議な世界が繋がるお話でした。

こどものための、こどもも楽しめるお芝居でして。
ステージを3方向から囲むような座席配置。
1列目は、ステージと同じ高さで、とても近いです。
そして、開演前はステージ上を歩いてセットを間近で見られる。
あちらこちらにシールが貼ってあって、こどもたちは何個見つかるかあちこちのぞきこんで見ていました。

すぐ目の前で、さっき見ていたセットの中で、物語が始まる。
セットは子供部屋。
いろんなシーンを見ながら、「あるある!」みたいなことを言っている子もいて、お芝居を身近に楽しめるようになっていました。

近くで動くからこちらに風が来たり、物が飛んできたり、じっと見られたり。
すぐ隣から出てきたり。
あちこちに目が向き、びっくりしたり、笑えるやり取りに爆笑したり、光や影の変化にわくわくしたり。
お芝居も夢中で目を向けられるような楽しめるものでした

こどもにわかりやすく、でも前川さんらしく説明し過ぎず。

ステージの設置は体験したことあるけど、こどもに向けたこういう形のお芝居もおもしろかった。
良かったです。

イキウメの役者さんたちも大好きなのですよね。
動きとか、声とか。

これはこども向けなんだけど、おとなに向けて作ったらまたちょっと違う静かなものができるのかな、とも思いました。
それはそれで、おもしろそう。





続きを読む

『安田顕 ひとり語り2014〜ギターの調べとともに。』

image

京都、金剛能楽堂で『安田顕 ひとり語り2014 〜ギターの調べとともに。』を観てまいりました。

ギターの生演奏(効果音など音響的な役割)をバックにしたひとり芝居。
「日傘と剃刀」という原作をもとにした、とある女性の時代を越えた人生のお話。

舞台に上がったひとりの女性が、様々な語りで過去を見せてくれました。
そこにある哀しさはとても切なく。
ぐっと引き込まれました。

男性の安田さんが演じる。
時に男性の役もあり。
音ギターの演奏者のみ。
時にギターと声で語る。
こういう形もあるのか、とてもおもしろいものを見ることができました。

良かった。

続きを読む

『STAND BY ME ドラえもん』

image
試写会が当たったので「STAND BY ME ドラえもん」を観に行ってまいりました。

ドラえもんのいた日々のある人生を送ったのび太くんのお話。
きっかけ、出会い、そして。
良いお話をメインに、優しさやあたたかさが溢れていて、じんわりと心が暖まりました。

のび太くんの幸せな人生の手助けをするのがドラえもんなのよね。
いいように使われたり、ドタバタだったりしながらも、互いや他を思いやる気持ちを持った人たちの日々、人生。
友情があって、愛情があって。
そういう暖かさを切り取った作品で、子どもから大人になったのび太くんを見て、いろんな想いが溢れました。

自分の周囲や未来に迷惑をかけちゃうから今の自分が去るという選択肢を取るのび太くんに、じーん。
大人になって、子どもの頃の友だちだから、とドラえもんには会わないのび太くんに、じーん。
未来の自分を信じて願うのび太くんに、じーん。
互いに会えなくなることを寂しく感じる彼らに、じーん。

良かったです。

未来の信じられない機械が次々と出てくるドラえもんポケット。
子どもの生活の一瞬がちょっと変わる、でもとても夢のあること。
想像力とか未来への希望がドラえもんには詰まってる。

大人になって、いろいろ考えてしまうようになると、そういう夢というか願いは軽く持つもすぐに消そうとしちゃうようになっていて。

でも、見えない未来はこの先にあるわけで。
何が変わって、何が起こるかなんてわからない。
未来の自分を信じるのび太くんの姿には、涙が止まりませんでした。
あるかもあるかもあるかも…!

そして、あらゆることに立ち向かわねばならない人生だけど、のび太くんのようにこっそり誰か助けて!と大人も思っても良いよね、とふと。
立ち向かうべきところは立ち向かい、助けを求めてもいいところは求めてもいいよね。

CGになったドラえもんやのび太くんたちは、ちょっと見慣れた雰囲気と違って違和感あったけど、見ているうちに、これはこれ!と感じました。
表情がいいなあと。
口の形が変わってじわっと表情が変わったりすると、思わず同じ表情になってしまうような豊かさと深みが感じられました。

雰囲気そのものが違うのよね。
ドラえもんやのび太くん、その他みんなの心のなかがキレイに描かれていて。
これはこれで良かったです。
Twitter
だいたいココ↓にいます。
coast2jp(アツコ)
Monthly Archives
ギャラリー
  • 『こどもとおとなのためのお芝居 暗いところからやってくる』
  • 『安田顕 ひとり語り2014〜ギターの調べとともに。』
  • 『STAND BY ME ドラえもん』
  • 『ノケモノノケモノ』
  • 『青天の霹靂』
  • 東京ディズニーシー
記事検索
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ